ドキドキの通知表

この季節、子供達は通知表を持って帰ってくるのですが、先生から受け取る子供以上に、何故か私の方がドキドキして待っている状態です。私が子供の頃は各教科1?5の数字で評価されていましたが、子供達の学校では教科ごとにいくつかの判定項目があり、それぞれ、よくできました、できました、がんばりましょうの3段階に分かれた評価で表されます。
まず最初に帰宅した息子。今までがんばりましょうを取ったことはありませんでした。今回の通知表も見事にがんばりましょうの判定はなく、先生からのお言葉も褒められる内容ばかりでした。
次に帰宅した娘。こちらもがんばりましょうがなく、活発に学校生活を送っているようでした。
私自身はあまり成績が良くなく、常に劣等感を感じながら生活しているタイプでしたので、子供達にはそんな思いをして欲しくないのです。子供達は私に似なくて良かったです!
ルメント レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です